ラグビーワールドカップ2019

日本対サモア戦!頑張れニッポン!絶対勝つぞ!Japan HAS TO win today.


きりみちゃん
きりみちゃん
サモアは、フィジカルが強い!ってどうゆう意味?

姫野選手がサモア戦で、「日本は強いんだと言うことを伝えるのが仕事」と言っていたので、

力で押し負けない、メンタルやスキルの事を言ってるんですかね。

試合がはじまりましたよ!

太陽さん
太陽さん
フィジカル、フィジカル、コンタクト、フィジカル、フィジカル

解説の方も、連呼していました。そのフィジカルという意味を、もっと詳しく教えてくれないと、素人はわかりません~~~。

見ていて思ったのは、フィジカルが強いという場面では、

・身体的な大きさ

・スクラムで押し負けない力

・メンタルの違い

かなと、感じました。

試合の経過

・前半終了 16対9で、日本リード!

ハーフタイム中の観客の方達は、お弁当食べたり、スマホ見たりしてる方多いのかな。テレビに映った方達、スマホ率高かったです!

・後半53分 姫野選手がトライ決めて、24対12です!福岡堅樹選手が入りました!

・後半75分福岡選手がトライを決めて31対19です!

・最後の最後でトライを決めて日本が勝ちました!4トライでボーナス点を獲得し、勝ち点14となりました。

地元愛知出身の日本代表姫野和樹選手


10月5日の日本対サモア戦で、見事1トライあげた姫野選手は、1994年生まれの25歳。

名古屋市出身で名古屋市中村区にある、名古屋市立御田中学校時代にラグビーを始めて、中部大春日丘高校卒業後、2013年帝京大学に入学し、2017年にトヨタ自動車ヴェルブリッツへ加入。チーム1年目からキャプテンとして、チームを牽引しています。

全国高校ラグビー愛知県代表出場校(過去10年間)

2009 西陵(4年連続38回目)
2010 中部大春日丘(この年が花園初出場)
2011(高校在籍) 中部大春日丘
2012(高校在籍) 西陵
2013(高校在籍) 中部大春日丘
2014 中部大春日丘
2015 中部大春日丘
2016 中部大春日丘
2017 中部大春日丘
2018 中部大春日丘(6年連続8回目)

これまで、愛知県のラグビー代表と言えば、西陵高校(昔の西陵商業高校、1996年度大会全国優勝)だったのが、ここ最近では中部大春日丘高校が、花園常連校なんですね。

2018年度の全国高校ラグビーが第98回なので、2020年度の大会で第100回記念大会になります。今年2019年ラグビーワールドカップで盛り上がり、来年は第100回記念大会で盛り上がりそうですね。

 

 

ABOUT ME
フジビ
フジビ
平成の大不況を乗り越えた土木女子です。現在は土木構造物をニッチな目線で解説しています。旅好き、御朱印巡りでストレス解放中。子育て中でもあり、英語を勉強し、親子で英検合格を目指しています。