ブログ運営

【令和元年】天皇陛下初の地方訪問は愛知県!『ご見学先は七宝焼(しっぽうやき)』焼くけど、陶磁器じゃないよ!


こんにちは、フジビです。

今回は【令和元年】天皇陛下初の地方訪問は愛知県!『ご見学先は七宝焼(しっぽうやき)』焼くけど、陶磁器じゃないよ!をレポートします。

七宝の意味

しっぽーしっぽー ミソミソ

ママの味七宝味噌

ふーみーしー(←昔から、意味不明だった)

調べたら、

「おいしい」って、言ってるみたいです。単に、聞き間違いの、思い違いでした。

東海圏に住んでいる方なら、ご存知、七宝味噌のCMの歌ですが、七宝って、普通読めないけど、しっぽーって、このCMのおかげで、知ってる人多いと思います。

そして、私も何でか分かりませんが、

七宝焼というのがあるのを、知っていました。

今は、愛知ディスティネーションキャンペーンで、JR東海のポスターにもなっているので、先日キッズと行った、リニア・鉄道館にも貼ってあり、気になっていたので、行ってみました!

七宝焼アートヴィレッジ

ポスターの大きな七宝焼が展示してある場所は、
七宝焼アートヴィレッジというところにあります。

七宝焼アートヴィレッジのHP

(訪問は、12月だったので)

駐車場に車を停めて、中へ入ってみると、ツリーが飾られていました。

七宝焼のクリスマスオーナメントが今なら、作れるそうです。

七宝とは、七つの宝物を示す、

▽金

▽銀

▽瑠璃(青色の宝石)

▽しゃこ(大型の二枚の貝)

▽瑪瑙(美しい色を持った宝石)

▽真珠

▽玫瑰(まいかい・昔、中国でとれたきれいな赤石)

のこと。

七宝焼は、これら七種類の宝石のように美しいというところからその名がつけられたといわれています。

(解説:七宝焼・展示品解説シートファイルより)

展示物を拝見

受付で、310円支払い、中へと進みます。

中は、写真撮影がノーサンキューなので、写真はありませんが、

無料で、展示物の説明文のプリントがあります。

これをまとめたものが、1冊150円で販売しており、購入してみました。

ファイリングを家でするか?と言えば、多分しないし(しないのか?)、キレイなファイルに、綴じてあるので、とてもお得感がありました。

私のおすすめポイントなんですが、

もしも解説が、

キッズ用のものが用意されていたら、そちらも読むといいと思います。

大人用の解説は、大事なところが端折ってあって、そこ知りたいところ!って思っても、分からないことが多いんですが、丁寧に分かりやすく説明してある、キッズ用に助けられることが多いです。

中へ進むと、スタンプがあったので、早速、スタンプして、

進んで行くと、七宝焼の工程が分かる展示がしてあります。

タイトルにもありますが、七宝の後に「焼」と書いてあるので、私は、てっきり陶器で出来ていると思っていたんですが、

(金属で、主に銅)素地と呼ばれるものに、

釉薬(ゆうやく)を塗り、

焼いて、

研磨(けんま)して、

七宝焼が出来上がります。

そこの裏側に、絵柄をトレースできるコーナーと(雑だな…)、

実際に七宝焼が置いてあり、自由に触る事ができます。

内側を、触ってみると、金属を叩いたでこぼこがあり、ザラザラしていました。

表面は、滑らかで、ひんやりしていました。

さて、私が今回、スゴいと思ったのは、やはりポスターに載っていた、背の高い、何に使うのか分からない、あの七宝焼!(やっぱり、鑑賞用だよね…)

実物を見るとホント大きいです!

間取り花鳥文大花瓶

と言います。

ポスターでも、女性と並んでいますが、台座が、あっても、その背の高さに、圧倒されます。

特別な窯を作ったみたいですが、その絵柄も美しく、もっと、早く見に来れば良かった!と思えるほどでした。

私のお気に入りの七宝焼は、

「盛上七宝(もりあげしっぽう)」と呼ばれるもの。

この白いベースに、少し盛り上がりの柄がついているもの。実際は、もっと白いけど、写真にとると、こげ茶色に写る。

とても、シンプルながら、センスの良さが、際立っていました。

大体30分ぐらいで、一回りしました。

七宝焼の体験も出来ます。

今回は、時間の都合で出来ませんでしたが、七宝焼は、陶器ではないので、焼いても、コースによりますが、最短1時間位で出来上がり、すぐに持って帰れるそうです!

これは、旅の思い出として、自分の作ったものを、すぐに持って帰れるのは、ポイント高いんでは、ないでしょうか。

お土産コーナーから奥へ進むと、実演コーナーがあり、私が行ったときは、職人さんが準備をしていました。

七宝焼アートビレッジの詳細

■観覧料

・大人(高校生以上)310円

・小人(小・中学生)100円

■開館時間

・午前9時から午後5時まで

■休館日

・毎週月曜日・祝日の翌日(ただし翌日が月曜の場合は、翌日)

・12月29日~1月3日

■交通アクセス

・名古屋駅から車で、約20分(西へ10km)(これは、適格な時間だと思います)

・名鉄津島線「七宝駅」または、「木田」駅下車、徒歩約25分もしくは、タクシー

私は、車で来るのをオススメします。

駅からだと、結構歩くよ!って、気持ちを持って、お出掛け下さい(^_^)v

まとめ

今は、冬ですが、春になると、津島の天王川公園で藤祭りが開催されるので、藤を見た後に、七宝焼を見に、少し足を伸ばしてみるのも、良いかなと、思います。

七宝焼は、とても色彩が鮮やかで、見ていてうっとりする宝石のようでした。

ぜひ、実物をご覧になってください!

追記:

今回、天皇陛下の即位後初の地方訪問先が、地元愛知県と知り、とてもうれしい気持ちになりました。

天皇陛下は6月1日から1泊2日の日程で、

1日午後、「あま市七宝焼アートヴィレッジ」にご訪問されるようで、

当日は、臨時休館です。

皇后さまは、当日の体調に支障がなければ同行されるようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
フジビ
フジビ
平成の大不況を乗り越えた土木女子です。現在は土木構造物をニッチな目線で解説しています。旅好き、御朱印巡りでストレス解放中。子育て中でもあり、英語を勉強し、親子で英検合格を目指しています。