ブログ運営

主婦目線の備蓄品選び、スーパーで買い足したもの【食料品写真付】


【追記2020年3月1日】
新型肺炎で外出できないことも想定して、買い出ししました。

子どもの小学校もお休みになったので、まるで夏休みのように、朝昼晩ご飯の用意が必要になります。

レトルトやめん類を上手に使って、ストレスなく新学期を迎えたいですね。

なんてったって、免疫をあげるのが一番ウイルス対策になるんですもんね!

きりみちゃん
きりみちゃん
スーパーで買える備蓄品を約3,600円分買い足したよ

家にある備蓄品を見直したところ、相当足りないことが分かったので、備蓄品を買い足しました。

ここで気を付けたいのが、あくまで備蓄を目的としているので、

・買い込みすぎないこと。
・冷静に足りない分を見極めること。

に気を付けながら、スーパーを見て回りました。

スーパーで賞味期限をチェックしてみると、案外賞味期限が長いなと思ったり、同じレトルトカレーなのに、賞味期限が違うなと思ったりして、色々な発見がありました。

全てスーパーで購入したものなので、備蓄品を買い足そうか悩んでいる方の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

長期保存とローリングストック

災害時の備蓄品として、長期保存できるアルファ化米や缶詰などのほかに、最近ではお菓子やレトルトカレーなど、普段から食べているものを、食べたら買い足すという、「ローリングストック法」の2種類で備蓄しておくとよさそうなのが分かりました。

「ローリングストック法」のメリットは

・気が付いたら賞味期限が大幅に過ぎてる!というウッカリを防げる

・非常時にも普段食卓に並んでいるものが揃うという安心感

この方法なら、買い足すものをメモしておけば、大丈夫ですね。

長期保存可能なルヴァン

製造から5年大丈夫なので、賞味期限が2024年の9月までになっています。
心強いです!



缶詰:サバ缶とみかん

サバ缶は缶詰とレトルトパウチのものを買いました。食べた後の処理が、缶だとそのまま残っているし、レトルトパウチだと小さくなるので困らないかな。迷うところです。

みかんの缶詰は、食べ物にちょっとアクセント入れたいときにいいかなと思って買いました。昔は、お皿に移して冷凍庫で冷やして、シャーベットにして食べていましたけど、最近やってないな。やってみよう!

缶詰を買うときは、缶きりを使わなくても大丈夫かを確認して購入しました。

レトルトカレー・ハヤシライス

ハヤシライス⇒キッズと一緒に食べたらおいしい!ってパクパク食べていたので、リピート買い決定!すぐに買い足さなくては!


カレー⇒いつものボンカレーと賞味期限が10か月程長いS&Bのおいしいカレー

お菓子

普段から食べているお菓子をローリングストックしておくと、キッズの安心感が増す!と、聞いたので、お菓子を購入!

だいたい1年ぐらいの賞味期限のものが多いので、年が明けたら見直してみます!(それまで持つか心配です)



水がいつの間にか1日2リットル⇒3リットルへ

以前は、1日2リットルと聞いていたと思ったんですが、今回備蓄品について調べてみると、1日1人3リットル必要!となっていて、ビックリしました。
その根拠は、摂取する水分の量を体から排出される水分量で逆算するとだいたい2.5リットルぐらい出るから1日1人3リットル必要というのは、納得できたんですが、じゃあ、元々3リットル必要だったんじゃないの?と、また疑問の渦の中へ。
誰か教えてくださいm(__)m

まとめ

うちでは、箱買いした水が1箱2リットル×6本×4箱=48リットルあったんですが、賞味期限が切れていて、「これまで何の災害にもあわず、感謝だ!」と思ったのと同時に、「買い足さなくても大丈夫かな。」と考え、水の備蓄をせずにいました。

しかしながら、ライフラインの復旧が読めないと分かった以上、

余裕のあるときに必要な備蓄をする。

これをこの先も徹底していきたいと反省し、行動しています。

このブログがお役に立てれば幸いです。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
フジビ
フジビ
平成の大不況を乗り越えた土木女子です。現在は土木構造物をニッチな目線で解説しています。旅好き、御朱印巡りでストレス解放中。