旅の本

【Traveler Book】旅の本:ドコモを海外旅行へ持っていく。準備は、した?何を?これだよ!


こんにちは、フジビです。

今回は、ドコモを海外旅行へ持っていく。準備は、した?何を?これだよ!をレポートしたいと思います。

先日、はしゃぎながら夢をかなえる本を書いた本田晃一さんのブログで、2016年心屋仁之助さんが海外でネットをスマホで使ったら、100万円の請求がきたというのを書いていました。

この記事を読んだとき、すごく怖かったです。

自分がもし、海外へ行って帰ってきて、カードの請求金額の一つの項目で100万円超していたら、たぶん何回もゼロを何回も何個も数えないと気が済まないくらい、落ち込むと思います。

本田晃一さんの本

心屋仁之助さんの本(心屋さんの本は図書館で読んだものも多いです。)

旅の思い出を、「題名:請求金額のゼロの数!」にしないためにも事前に準備が必要です。

切り替えを手動でするとか、しないとか、スマホの機種によって違うとか、携帯会社によっても違うとか、

色々、あるようですが、

私は、利用年数20年のドコモユーザーなのでドコモの話をします。

海外旅行に行くときは、
151ドコモインフォメーションセンターに電話して、

どうしたらいいか相談したらいい。

メモった?

簡単でしょ?

時間があるなら、ドコモショップへ行って、こちらを手に入れましょう!

電話と冊子、両方だと、なお安心だと思います!

151に電話をするときにも、前もって準備する必要があると思いますので、まとめてみたいと思います。

スマホの場合

スマホを海外旅行先でどのように使いたいかを決める
・電話とSMSだけ使いたい
・パケット通信したい
・全く使いたくない

簡単にこの3つに分かれると思います。

全く使いたくない方

・データローミングをオフにする。
・電話がかかってきても、受けたりしなければ通話料は発生しません。(伝言メモをうっかり応対オンのままにしておくと、通話料が発生するので、そこは注意が必要です)

当然ですが、電話をかけると、通話料が発生します。

データローミングの場所ですが、(HW-01Kの場合)

設定→無線とネットワーク→モバイルネットワーク→データローミング

データローミングがオフになっていれば、スマホのパケット通信料はかかりません。

電話とSMSだけ使いたい

・海外旅行先で使える機種であるか確認する
・持っている充電器が海外対応か確認する

・データローミングをオフにする。

WORLD WING契約があり、持っている機種が海外旅行先で使える場合は、そのまま特別な設定をしなくても音声通話は使えます。

(内容を確認するためにネットで調べるよりも、ドコモへ電話して聞いたほうが、早いと思います。)

通話の仕方は、国際ダイヤルアシスト設定に対応している機種ならカンタン発信!してくれます。

私の場合、この国際ダイヤルアシスト設定を知らなかったので、冊子を読むまで、旅行先に行けば、自動的に電話番号を置き換えてくれるものだと思ってました。

ドコモの国際ダイヤルアシスト対応機種をHPで確認すると、ズラズラっと書いてありますが、ここでも、やっぱり、ドコモに電話して聞いたほうが、確実です。

例えば、ハワイに家族で行きました。

ある日、ショッピングモールで、私だけ、ちょっとお買物してるから、何時に待ち合わせはここね~なんて待ち合わせ時間と場所を決めて、ルンルン♪で出発したものの、お買い物が終わって、その時間と場所にいません。

さぁ、どうする?

電話するよね?

その時の通信料は、

発信する場合滞在国内(ハワイ)だと、125円/分

着信する場合滞在国内(ハワイ)だと、175円/分

かかります。

うちは、夫も私もドコモユーザー、請求は一緒なので、一分話すと300円かかるんですね。

おぉぉぉ。知らなかった。(知らんかったんかい!

SMSについて

日本のケータイへSMSを送るときは、番号そのままで送信できます。

料金は、

送信の場合のみ、100円/通

かかります。

海外のケータイへは、

宛先に

「+」「国番号」「海外の電話番号」を入れるといいみたいです。

(オイ!いいみたいって。こちらは、確認したことがないので、わかりません。すみません)

送信可能文字数

かな文字(全角)70文字、英数字(半角)160文字

たとえば、

おはよう!朝早く起きたから、海沿いを散歩してます。
美味しい朝食をtogoして帰るから、待っててね。起きたら、一度連絡ください~!

これで、だいたい70文字です。参考にしてください。

パケット通信したい

・海外旅行先で使える機種であるか確認する
・持っている充電器が海外対応か確認する
・自分の利用する通信プランを決める

通信プランは、
・海外パケ・ホーダイ
・パケットパック海外オプション

の二つのプランがあります。

海外パケ・ホーダイの場合、

日本時間の0時~23時59分59秒で一日2980円

パケットパック海外オプションの場合(申し込みが必要&ドコモ海外利用アプリを日本でダウンロードすることが必要です。)、

980円/利用開始操作から24時間

使い方にもよるでしょうが、パケットパック海外オプションの方が24時間で勝手にストップするので無駄が少ないと思います。

海外パケ・ホーダイ、パケットパック海外オプションの場合、「パケットパック」、「パケ・ホーダイフラット」などのパケット定額サービスを契約している方が対象です。

!!重要!!

LINE通話は、パケット通信した通話です!

LINE通話を利用するには、パケット通信の設定か、Wi-Fiの設定をしてください。

これも、ちゃんと知らない人多いんじゃないかな。冊子には、「!」つけてるけど。

そもそも、データローミングオフの状態だとパケ代はかからないから、安心だけど、万が一のこともあるので、重要って赤い文字にしてみました。

長々と書きましたが、大きくまとめると、
やっぱり、ドコモの人に聞こう!です。

(こう書いちゃうと、ブログの意味がなくなるような気がしますが、要点をまとめてみたのでこれをメモってドコモに問い合わせると、スムーズかなと思います。)

では、ドコモを海外旅行へ持っていく。準備は、した?何を?これだよ!のレポートでした。

読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
フジビ
フジビ
平成の大不況を乗り越えた土木女子です。現在は土木構造物をニッチな目線で解説しています。旅好き、御朱印巡りでストレス解放中。