2019神戸四国旅令和元年5月

【フェルメール展5月12日まで】大阪市立美術館は、建物も内装も素敵な場所だった〜!


こんにちは、フジビです。

今回は、【フェルメール展5月12日まで】大阪市立美術館は、建物も内装も素敵な場所だった〜!をレポートします。

スポンサーリンク

はじめに

インスタグラムの投稿を見て、

大阪市立美術館で、

フェルメール展やってるのを知り、

ちょうど大阪に行く予定だったので、

新幹線で新大阪到着して、荷物多い中、

行ってみました!

私のインスタは、コチラです↓

 

(荷物は、美術館の入り口で預かっていただけますが、電車で移動される方は、駅でコインロッカーを使ったほうが、楽だと思います。うちは、頑張ったのに、階段にコロコロをぶつけて、壊れました・・・)

フェルメール展

世界中でフェルメールの作品は、

35点しか残っておらず、

その中のナント!
6点が大阪に集る!という、

滅多にない、この奇跡に出会えたことに、感謝です!

東京で行われていたフェルメール展が

大阪に上陸して、

ここでしか見られない、
『恋文』という作品や、

日本初上陸した、
『取り持ち女』という作品があり、

全部で6点の本物が持つパワーを感じることができて、幸せでした。

大阪市立美術館の詳細情報

■アクセス

・JR、OsakaMetro天王寺駅下車

★新幹線で新大阪からお越しになる際は、

大阪駅までJR在来線で出てから、JR環状線の天王寺駅で下車してください。

大阪駅のホームは、ユニバーサルスタジオへ行くお客さんも沢山いるので、ベビーカーなど気を付けてくださいね。

■場所

天王寺公園という公園を抜けていきます。

こちらの公園は、皆さんシートを敷いて、お弁当や屋台で買ったものを食べたりして、羨ましかったです。

[地図]

■観覧料

・一般 1,800円

・高校/大学 1,500円

小中学生は無料です。

キッズ用に作られたパンフレットには、スタンプラリーがついており、

可愛いメールさんのスタンプが押せます。

このパンフレットには、キッズ用に分かりやすく説明が書いてあります。

■外観と内装

外観は、昭和3年に建てられた時と同じで、

長い歴史を感じることができます。

大阪市立美術館の歴史HPはコチラ↓

https://www.osaka-art-museum.jp/about

入り口を入ったら、まず上を見上げてください!

大きなシャンデリアが2つ付いており、

内装も歴史を感じて、

ちょっと異空間へタイムスリップした気分を味わえます。

入り口から、外を見ても絵になりますね!

まとめ

どうしても見たくなって、

フェルメール展へ出掛けたわけですが、

ホント行って良かったです!

小4のキッズが本物を見ることができる体験って、

「贅沢な令和のGW」だなぁって、感じています。
2019年5月12日まで開催となりますので、

興味のある方は、急いでくださいね!!!

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
フジビ
フジビ
平成の大不況を乗り越えた土木女子です。現在は土木構造物をニッチな目線で解説しています。旅好き、御朱印巡りでストレス解放中。