ラグビーワールドカップ2019

2019年大学ラグビー決勝!天理対明治戦!!!でラグビーのルールを勉強する!


前に、アメフトOBに胴上げされ、宙を舞ったことのある、フジビです。

はじめに

さて、今回は、【第2回ラグビー勉強会!!!】2019年大学ラグビー決勝!天理対明治戦!!!をレポートします。

全くの初心者が、大学ラグビーの決勝を見て、どう思ったか?
ズバリ!!
絶対に、ワールドカップをこの目で見たい!!!

当然、分からないことだらけだけど、以前勉強して、ルールを覚えたから、少し理解できただけでも、めちゃくちゃ楽しかったです!
以前書いたブログは、コチラ↓

試合を見ていて、疑問に思ったことを整理して、ルールを勉強します!

第2回ラグビー勉強会

【主な反則(ペナルティ)】

■ノックオン

ボールを自分より前に落とすこと。この反則をおかすと相手ボールのスクラムで試合再開。

■ノットストレート

ラインアウト、スクラム時、真っ直ぐに投げないと反則になります。

☆ラインアウトって、ナニ?☆
・ボールがタッチになった(タッチラインの外側に出た)あとの試合の再開方法。2列に並んだ両チームの選手の間にタッチラインの外からボールを投げ入れる(サッカーのスローインにあたる)
・ラグビーワールドカップの公式インスタグラムに、カッコいい写真があったので、シェアします!!

■ノット・リリース・ザ・ボール

タックルされた選手が、すぐにボールを放さないこと。相手側のペナルティキック(PK)で試合再開。

試合を見て思ったこと

ルールが少しでも分かると、ゲームが面白いということが分かりました。

例えば、ボールを前に出すには、「持って走る」、「足でキックする」の2パターンなので、今、前にボール出したから、ペナルティなのね。とか分かると、スッキリして、ゲームが続いても、思考が止まりません。

ボールをキックし合って、お互いの陣地へじりじりと攻めていくのが4~5回続いたり、タックルって、やっぱり正面衝突して、痛そう・・だけど、激しい密集プレー後に、トライして得点を決めた時は、盛り上がります!

やっぱり、ルールを勉強すると、楽しみが倍増しますね!!!

試合を全部録画して見たので、分かったのですが、前半が終わり、それぞれチームの選手がベンチに戻っていくときに、コートに一礼をして、去っていく姿に、感動しました。

試合は、明治大学が優勝しましたが、今まで帝京大学が独占していたんですね!

まとめ

参考にした本は、
【しらべよう!たのしもう!かならずわかる:ラグビー入門①世界のラグビーの魅力】
文・構成 稲葉茂勝 編集 こどもクラブ
発行ベースボールマガジン社
子ども用の本ですが、とても分かりやすくて読みやすい本です。

オススメです(^-^)/

インスタグラムもやっています♪

フォローもよろしくお願いします!

ABOUT ME
フジビ
フジビ
平成の大不況を乗り越えた土木女子です。現在は土木構造物をニッチな目線で解説しています。旅好き、御朱印巡りでストレス解放中。