土木女子

現場で地図にないもの発見!iPhoneなら簡単に計測出来ちゃうぞ!【土木女子の考察】


発注者と打ち合わせ後、現場を見たら、地図にないものあるんですけど???

そんな時は、iPhoneがあれば、簡単に計測できてしまう!

ミリ単位は難しいけど、センチ単位なら、誤差が少なかったです。

試しに、家のもの計測してみました!

iPhoneのアプリは賢い!

まずは、計測というアプリをダウンロードして、起動してみて!

恐竜博士
恐竜博士
使い方はめちゃ簡単だから!

長方形を追加するという所をタップすると、一発で計測完了!

マウスの代わりになる、トラックパッドという所を計測してみると、長方形の形が出てきて、縦幅、横幅、面積を出してくれます。

縦×横=8cm×13cm

太陽さん
太陽さん
実際に測ると、ミリ単位は切り捨てですね。

縦×横=8.5×13.5

じゃあ、もっと大きいもの測っちゃおう!

試しにカーテンレールを測ってみました

太陽さん
太陽さん
誤差は、1cmでした。

片方の端に、白い丸を合わせて、1度タップします。

その次に、反対側の端をタップすると、計測出来ます。

多少の誤差は計測するときの点と点のズレによるものかと推測できるので、2m以上のものも誤差が少ないことが分かりました。

まとめ

今回は、現場に行ったら地図にないものがあったぞ!

どうする???

となっても、iPhoneがあれば簡単に計測できるアプリをご紹介しました。

iPhoneの計測アプリの精度は、意外と良い結果になりました。

仕事以外にも、今回試したように、カーテンを買いに行くときにでも使えます!

メモしなくても、スクリーンショット撮っておけば、売り場でメモ忘れてショックを受けなくてもすむので、便利ですよ!

便利な機能なので、ぜひ覚えておいて下さいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
フジビ
フジビ
平成の大不況を乗り越えた土木女子です。現在は土木構造物をニッチな目線で解説しています。旅好き、御朱印巡りでストレス解放中。