Nagoya名古屋

岡本太郎に出会える|愛知県犬山市で紅葉と芸術を感じる旅!巨匠作品に出合う!!!【後編】


こんにちは、フジビです。

岡本太郎の作品

2025年に大阪万博が開催決定されて、1970年の大阪万博と言えば、何?と考えると、私は、やはり岡本太郎さんの、太陽の塔を思い出しますが、私の地元愛知県にも、岡本太郎作品に触れることができるところがあります。

それは、

日本モンキーパーク

です!

ちょっとぉ、あそこには、遊園地とお猿さんしかいないんじゃないの?って思った方、

これ、見覚え有りますよね?

間違いなく、岡本太郎さんの作品ですよ!

若い太陽の塔といいます。

岡本太郎の「若い太陽の塔」の場所

日本モンキーパークのどこにあるかっていうと、入り口から、遊園地の方へ坂を上り、遊園地が見えてきたら、左を向いて下さい。

そしたら、この看板が見えてきます。

この坂を上れば、

どんどん上れば、

結構上りますので、歩きやすい靴で来てくださいね。

この上にあります!

この塔を上ってからの眺めは最高でした。犬山市が一望できて、良いお天気で太陽のパワーが、自然からも、岡本さんからも浴びて、ホント、今の私、半端なく、パワーがあふれてると思います(笑)

 

日本モンキーパークの中には、観覧車もあります。そこからが一番高いところで眺められると思いますので、興味のある方は、ぜひ!

日本モンキーパーク内は、あちらこちらで秋を感じることができます。

バス停からパークの入り口までも、キレイなもみじと写真が撮れます。

【番外編】

各務ヶ原の自衛隊基地が近いからか、戦闘機が近くで見ることができ、たまに、傾きがすごい戦闘機もいて、おぉぉーーー!って、驚きの心の声が漏れることもありました。

動画を取ろうと、頑張ったんですが、タイミングと、戦闘機の速さ、凄さに見とれて、全然撮れなかったです。

まとめ

日本モンキーパークは、高台にあるので、紅葉がすすんでいるのか、とてもきれいな景色に癒されて、帰りの電車では、眠くて仕方ありませんでした。(ホントはあの登り坂がキツくて、足が生まれたての小鹿のような震えで、疲れが出ただけなんですけどね)

暖かい日が続いて、お出掛け日和です!この機会にぜひ、犬山の芸術と秋に触れてみてください。

今回は、時間がなくていけませんでしたが、

犬山には、国宝犬山城もあります!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
フジビ
フジビ
平成の大不況を乗り越えた土木女子です。現在は土木構造物をニッチな目線で解説しています。旅好き、御朱印巡りでストレス解放中。